トップページへ
トップページ製作実績・デザイン・ロゴお問い合わせ業務内容製作までの流れファイル送信ブログ諫早の歴史を感じる看板
諫早の歴史を感じる看板
 
[野口寧斎] [諌早城下] [眼鏡橋] [小野用水]
門柱の由来
 両側の門柱は明治40年(1907)、ここに諌平村尋常小学(写真)が建設された時に建てられたものです。
諌早村尋常小学校はその後、諌早尋常高等小学校、諌早国民学校と移り変わり、
昭和22年(1947)には諌早小学校が設立されました。
昭和32年(1957)の諌早大水害で校舎が流失し、昭和33年(1958)に新校舎が建設されることになりましたが、明治時代から多くの児童の成長を見守ってきたこの門柱は、そのまま残されることとなりました。
なお、諌早小学校は平成8年に仲沖町に移転し、跡地に諌早市役所新別館が建設されました。
諌早村尋常小学校全景
(右側に写っているのが門柱)
江戸時代の市役所周辺について
 右の絵図は『諌早城下図』といい、1863年頃に描かれたものと思われます。
幕末頃のこのあたりの様子が正確に描かれており、現在の諌早高校のところには諌早家屋敷・御書院や諌早会所(役所)、市役所のところには好古館(江戸時代に諌早領の多くの子弟を育てた学校)、現在地には諌早家御三家(諌早家・北諌早家・南諌早家)の一つである南諌早家があったことがわかります。このほかに、藩の業務を行う家老や番頭など上級家臣の屋敷があり、これらを取り巻くように中級家臣の屋敷が描かれています。
また、本明川には諌早大水害後に諌早公園に移築された眼鏡橋(1839年架橋)も描かれています。
諌早城下図
(部分・諌早図書館所蔵)
[野口寧斎] [諌早城下] [眼鏡橋] [小野用水]
長崎県諫早市の看板屋 あど企画 〒854-0027長崎県諫早市旭町8-15 TEL0957-24-6572 FAX0957-24-6576
トップページ 製作事例・デザイン・ロゴお問い合わせ業務内容製作までの流れファイル送信ブログ 諫早の歴史を感じる看板