トップページへ
トップページ製作実績・デザイン・ロゴお問い合わせ業務内容製作までの流れファイル送信ブログ諫早の歴史を感じる看板
諫早の歴史を感じる看板
 
野口寧斎 諌早城下 眼鏡橋 小野用水

小野用水

 「小野用水」は、本明川の山下渕から市街地を通り、幸町、仲沖町を経由し、半造川の底井樋を通って小野平野へと流れています。
底井樋(川底に管を埋設して水を通すしくみ)廻水は、今から約200年前の文化10年(1813年)に小野地区の水不足を解消するため、青木弥惣右衛門により設置されました。
これは、半造川に樋管を埋め込み、田井原地区から逆サイホン方式(高低差[圧力差]を利用して水を移動させる方式)によって小野地区に送り込むもので、当時としては、画期的な技術でした。

疏水:かんがい(ひでりのために生じる農作物等の災害)などのための水を通す目的で、土地を切り開いて設けた水路
[野口寧斎] [諌早城下] [眼鏡橋] [小野用水]
長崎県諫早市の看板屋 あど企画 〒854-0027長崎県諫早市旭町8-15 TEL0957-24-6572 FAX0957-24-6576
トップページ 製作事例・デザイン・ロゴお問い合わせ業務内容製作までの流れファイル送信ブログ 諫早の歴史を感じる看板